ジャノヒゲの実

c0085622_21583271.jpg
あしだち(足立・自然にふれあう会)の探鳥会が北本自然観察公園で開催されましたが、そのときに撮影したジャノヒゲの実です。枯れ草の間に青く艶やかな実がとても眼を引く存在でした。
咳止めの漢方薬として利用されることもあるようですが、彩のなくなった環境では目立つ存在になります。
7月頃に花が咲くとのことです。ヤブランととてもよく似ていて識別が難しいようですが、ジャノヒゲの実はこのように青色になるのに対し、ヤブランの実は黒色になるとことが異なるようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-12-15 22:13 | 山野草
<< オンブバッタ♀ ヒメバチの仲間 >>