陽だまりのムラサキシジミ

c0085622_2158810.jpg
野鳥を求めて歩いていたところ、思いがけず目の前にムラサキシジミの美しい姿が飛び込んできました。ちょうど陽が当たる葉の上に止まってくれましたから、息を呑むような美しい彩が確認できました。
捜し求めているときは、このように翅を広げた場面はなかなか見つけられませんが、幸運なことにこんな場面に遭遇することができました。
前翅の前縁に突起が認められるところから、ムラサキシジミであることが分かりますが、前翅の黒褐色部分が広いことから、この個体は♀になると思われます。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-12-06 22:25 | チョウ・ガ
<< 越冬中のウラギンシジミ センチニクバエ >>