オオヨコバイ

c0085622_22484379.jpg
昆虫の仲間はだいぶ少なくなってしまいましたが、全長1センチほどの小さな虫が飛翔していました。ずっと追いかけながら、草に降り立ったところをすかさず撮影したものですが、薄緑色の体のこの個体はカメムシの仲間のオオヨコバイになります。
c0085622_22485379.jpg
オオヨコバイは、関東地方では比較的どこでも観察できる種類であると思います。こんなに小さい体ですがオオヨコバイと名づけられているように、ヨコバイの仲間には小さいのが多いようです。
色々な植物の汁を吸うことから、農作物の害虫としても知られています。
c0085622_22491149.jpg
頭部をアップで見ると、セミの仲間によく似た顔立ちをしています。この辺りがカメムシ目の面目躍如といったところでしょうか。
オオヨコバイは♂の個体より♀の個体の方が一回り大きいとのことです。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-12-03 23:04 | 昆虫
<< こちらはツマグロオオヨコバイ ヒメアカタテハ >>