ハラビロカマキリとコカマキリ

c0085622_2254265.jpg
あしだちの水元公園探鳥会に参加した際、撮影したハラビロカマキリです。体色は緑色から褐色まで個体差がありますが、翅の両脇にある白斑がハラビロカマキリの識別ポイントです。
全長は50㎜~70㎜で、お腹の幅が太いところが特徴です。
c0085622_2231727.jpg
こちらはコカマキリです。前腕の鎌の内側に白色と黒色の太い帯があるところが識別ポイントになりますが、これを欠く個体は、モリカマキリで日本では珍しいとのことです。体長は48㎜~65㎜になります。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-11-23 22:16 | 昆虫
<< 越冬前のキタテハ サケの遡上 >>