クヌギカメムシ

c0085622_2133197.jpg
緑色の体をしていますが、脚が赤っぽいカメムシを見つけました。特徴があるからすぐに名前が分かるだろうと、とりあえず写真撮影です。
全長は12~3㎜くらいで、触角は比較的長いところが特徴となりました。
ところが、意外なことに緑色の体で、赤い脚をしたカメムシを見つけ出すのに大変苦労してしまいました
c0085622_2133782.jpg
これは、クヌギカメムシであることが分かりました。出現期は5~12月ということですが、秋も深まってくるとそれまで緑色だった脚が赤くなってくるようです。このため、色々と調べてみても、クヌギカメムシは脚が緑色をした写真が殆どだったので全く別の種類であると思ってしまったのです。
c0085622_21333128.jpg
クヌギカメムシは名前のとおりクヌギの樹に依存して生活しているようで、成虫はクヌギの樹に卵を産みつけ、幼虫はクヌギの葉の汁を吸汁して成長するようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-11-12 21:52 | 昆虫
<< ウラナミシジミ 越冬前のムラサキシジミ >>