越冬前のムラサキシジミ

c0085622_21563248.jpg
11月に入って、昆虫類はめっきりと少なくなってしまいました。
でも、サザンカの花が咲く道を歩いていたとき、吸蜜に訪れた黒っぽい小さなチョウを見つけると、これはちょっと珍しいチョウだなと、私の感覚センサーが急に動き出しました。案の定、翅の裏面を確認すると、ムラサキシジミでした。
c0085622_21564030.jpg
こんな時期に、綺麗なムラサキシジミを見られるとは思ってもいませんでした。野鳥撮影用の望遠レンズしか持っていませんでしたから、レンズ交換をする余裕もなく、そのまま撮影し始めたわけです。そして、翅を広げて綺麗な色を見せてくださいと念じたわけですが、すると間もなくこの写真のように、翅を開き始めてくれたのです。
c0085622_2156487.jpg
思いっきり翅を開いてくれたのがこのカットです。とても綺麗な翅の色を見せてくれました。
ムラサキシジミは、6~10月に見られ成虫越冬するとのことですから、この個体はこのまま一冬を過ごすことになるのでしょう。幼虫はアカガシやアラカシを食草としているようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-11-10 22:13 | チョウ・ガ
<< クヌギカメムシ ウシカメムシ >>