ウシカメムシ

c0085622_21474754.jpg
陽だまりのササの葉の上に、ちょっと変わったカメムシの仲間を見つけました。大きさは1cm弱の小さい体つきですが、独特の形をしていますからすぐにウシカメムシであると分かりました。背面にある二つのクリーム色の小斑も印象的です。
c0085622_21475354.jpg
両肩のツノの張り出しがとても顕著です。まさにウシカメムシの名前の由来となっているわけですが、私的には恐竜のトリケラトプスを連想させる容姿であると感じました。
c0085622_2147592.jpg
やや前方の側面から撮影したものですが、コウモリが耳を立てているようにも見えますから、ユーモラスな感じもします。
c0085622_2148769.jpg
どうですか、この堂々とした体つきは!スペインの闘牛場にいる荒くれ雄牛の姿そのままです。赤く小さな目の間にある顔の部分に2本のクリーム色の縦線が特徴的です。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-11-08 22:01 | 昆虫
<< 越冬前のムラサキシジミ セアカツノカメムシ >>