ブチヒゲカメムシ

c0085622_2052210.jpg
シシウド科のトウキと思われる植物に止まっていたブチヒゲカメムシです。
名前のとおり、触角の節に白色の斑が見られるところから、ブチヒゲの名称が付いたものと思われます。
c0085622_20515163.jpg
体長は12~13㎜とされています。同じトウキに止まっていたアカスジカメムシと比べても体長は一回り小さいことがわかります。
赤褐色の体と白黒の縁取りのコントラストが独特の雰囲気です。
c0085622_2052932.jpg
アップで見ると、体中が細毛に覆われているのが分かります。大豆や稲など色々な作物の害虫になるようですが、この姿を見るとそんな害虫であるとは到底思えません。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-11-02 21:10 | 昆虫
<< キボシカミキリ ウスキトガリキリガ >>