ミナミアオカメムシ

c0085622_2220020.jpg
あしだちの仲間と一緒に自然観察をしていたときに、イノコヅチに止まっているカメムシの仲間を見つけました。
このような新しい発見があると、このカメムシの名前も分かりませんが、自然観察にも俄然、面白味が増してきます。
c0085622_2220950.jpg
名前も分からなかったカメムシの仲間をアップで撮影したところです。
戻ってから調べてみると、ミナミアオカメムシの5齢幼虫であることが分かりました。成虫になると緑色一色となってしまいますから、このステージの個体のユニークな模様であることに、ただただ感心するばかりです。
もともとは熱帯地方で繁殖する仲間であったようですが、地球温暖化の影響で次第に生息域を北に広げているようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-09-23 22:29 | 昆虫
<< メスグロヒョウモンの♀ ツバメシジミの♂と♀ >>