ツバメシジミの♂と♀

c0085622_17575338.jpg
草原には、たくさんのシジミチョウが観察できました。ヤマトシジミが殆どですが、翅の表のブルーがひときわ目立つ個体が舞っていました。
運よく枯葉の上に止まって翅を広げてくれましたから、その美しいブルーの翅を撮影することができました。これは、ツバメシジミの♂の個体です。
c0085622_1758027.jpg
同じ個体が花で吸蜜して翅の裏側を見せてくれました。翅の裏側はヤマトシジミより白っぽく、後翅の後端にオレンジ色の斑が出ているところが異なります。しかし、なんと言っても尾状突起があるところがツバメシジミの一番のポイントで、これがツバメの名前の由来にもなっています。
c0085622_17581621.jpg
こちらはツバメシジミの♀の個体です。翅の表側は暗褐色でちょっとさえない色合いですが、後翅の後端に小さいながらオレンジ色の斑が出ているところがポイントです。
c0085622_1758685.jpg
同じ♀の個体が翅の裏側を見せてくれました。♂と同じような色合いですから裏側だけでは♂と♀の識別はできません。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-09-22 18:10 | チョウ・ガ
<< ミナミアオカメムシ 美しいコムラサキ >>