レンゲショウマ

c0085622_22271084.jpg
あしだち(足立・自然にふれあう会)の定例探鳥会が8月23日(日)に谷津干潟でありました。ここで会員のSさんから御岳山でレンゲショウマを見てきたと聞いていましたが、時期的には8月中旬のお盆の頃が見ごろだということなので、来年の楽しみにと思っていました。
ところが、翌日NHKのテレビで御岳山のレンゲショウマは今月中が見ごろだと紹介されていましたので、夏休みをもらった26日(水)に思い切って出掛けて見ました。
c0085622_22264484.jpg
御岳山のケーブルカー頂上駅から少し山に入ったところに、レンゲショウマの群生地がありました。
この日は朝から曇り空で、現地に着くと小雨も降るような天候でしたが、気温は18℃とかなり涼しさを感じさせてくれる陽気でした。目の前に群生している可憐な花を見ると、少々の雨も全く気にならず、撮影に没頭してしまいました。
c0085622_222655100.jpg
レンゲショウマは、キンポウゲ科の花ですが、その花がハスの花に似ていることと、葉がサラシナショウマに似ているところからこの名前が付いたとのことです。
c0085622_22263322.jpg
時期的には既に盛りを過ぎていましたが、テレビで紹介されたせいもあったのでしょう、平日にもかかわらず見物に訪れる人がとてもたくさんいました。来年は、是非ベストシーズンに出掛けて見たいものです。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-08-28 22:49 | 山野草
<< 谷川沿いのタマガワホトトギス ルリモンハナバチ >>