アザミで吸密するキアゲハ

c0085622_2110679.jpg
ほかの蝶の撮影に夢中になっていたら、「綺麗な蝶がたくさんいるよ。」と妻が声を掛けてきました。振り向いてみると、とても色鮮やかなキアゲハが数頭、あっちこっちのアザミの花で吸蜜していました。
c0085622_21101377.jpg
アップで撮影してみると、大きなサングラスを掛けて黒いストローでジュースを飲んでいるように見えてしまいました。
カメラを意識して、ちょっと格好つけているように思えませんか?
c0085622_2195410.jpg
アザミで吸蜜しているすぐ脇に、偶然小さなハチかハエの仲間が写りこんでいました。キアゲハに場所をとられて近寄れなかったのでしょうか?
前翅の付け根付近が網目状になっているところがキアゲハの特徴ですが、後翅の青色と赤色の斑が目立つコントラストとなり、美しさを引き立てているようです。
c0085622_2110057.jpg
図鑑によれば、成虫は平地から標高3000mの高山まで記録されるとありますから、ここ蓼科高原でたくさん見られても不思議はないわけですね。
それにしてもこの辺りは蝶の種類も数も大変に多く、大変満足できました。ここまで足を運んできた甲斐があったというものです。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-08-15 21:48 | チョウ・ガ
<< 吸密するアサギマダラ エルタテハ >>