ラミーカミキリ

c0085622_20172951.jpg
黒と青白色のコントラストが涼やかな雰囲気を醸し、動く宝石ともたとえられているこの昆虫はラミーカミキリというのだそうです。
江戸時代から明治時代にかけて日本へ入ってきた外来種になるようで、カラムシ、ヤブマオ、ムクゲなどを食草としているようです。
c0085622_20172159.jpg
全長は2㎝に満たない小さなカミキリムシの仲間です。
何枚か写真を撮ることができましたが、もう少し近づいて大きく写そうと思ったら、警戒してすぐに飛び去ってしまいました。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-07-27 20:32 | 昆虫
<< アカスジカメムシ ヨツスジトラカミキリ >>