国蝶オオムラサキ

c0085622_2265545.jpg
朝のうちはあまり飛ばなかったオオムラサキ♂ですが、昼頃になって温まってくると活発に飛び回って、葉の上でしばらく翅を休めるようになりました。オオムラサキは、日本の国蝶です。
翅を広げてくれると、なんと言ってもその美しい紫色が鮮やかに眼に飛び込んできました。
c0085622_2254350.jpg
止まってくれたところを少し横から撮影できましたから、口吻をクルクルと丸めているところがよく分かります。
c0085622_2264040.jpg
前翅の紫色がとてもよく目に付きますが、後翅のピンク色の斑が心なしかハート型に見えてきました。
c0085622_227454.jpg
こちらはオオムラサキ♀です。紫色の美しい翅色は認められず、一面褐色の色合いです。右側で翅をたたんでいるのはオオムラサキ♂ですが、大きさは♀の方が一回り大きかったです。
c0085622_2271277.jpg
オオスズメバチやカナブンと一緒に、クヌギの樹液を吸っているところを撮影することができました。口吻を伸ばして樹液を吸っているところがよく分かります。
後翅の裏側は、このように白っぽい色合いですが、赤い斑紋だけが認められます。でも、表側との違いはずい分大きなと思います。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-07-12 22:28 | チョウ・ガ
<< ゴマダラカミキリ ホタルガ >>