ツマグロヒョウモンの交尾

c0085622_22363184.jpg
道端の草むらにツマグロヒョウモンの♀が羽を休めていました。翅の先端は名前のとおり黒色をしていますが、白い斜条をはさんで紫紺色、赤紫色、黄桃色と綺麗な彩を見せてくれました。
もともと南方系の蝶ですが、このところ次第に生息域を北へ広げているとのことです。
c0085622_22362236.jpg
このところ、交尾している写真が続いていますが、単に、偶然発見したものですから、特にそれ以上の特別な意図はありません。念のため...
右側の個体は♀で、左側の個体が♂になります。
c0085622_22361226.jpg
♀の個体が翅を広げてくれました。
♂に比べて、♀の方がやや大きいことがお分かりいただけると思います。
c0085622_2236591.jpg
今度は、♂の個体が翅を広げてくれました。ミドリヒョウモン♂は、前翅の条線が太く広がりが認められますが、ツマグロヒョウモン♂の条線は細いところが特徴です。幼虫はスミレ類を食草としているようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-07-10 22:56 | チョウ・ガ
<< 林道のホタルブクロ オニヤンマ >>