オニヤンマ

c0085622_21503353.jpg
林道を歩いていると、とても大きなトンボが行ったり来たり、何度も何度も飛び交っていました。
一眼レフに400ミリの望遠レンズを付けて携行していましたが、私はこのトンボが飛翔しているところを撮影できるだけの技術を持ち合わせていませんから、はなから写真にとることはあきらめていました。
c0085622_21504032.jpg
ところが、駐車場に戻って帰ろうとしたところ、思いがけずオニヤンマが飛来してすぐ脇に止まってくれました。
全長は10cmを超えると思います。これだけ大きいトンボは、子供の頃から捕まえることはもちろん、撮影することも難しい存在でした。
こうして撮影することができて、ホッとした安心感を覚えました。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-07-09 21:59 | 昆虫
<< ツマグロヒョウモンの交尾 オカトラノオ >>