翅を休めるコミスジ

c0085622_2054692.jpg
パタパタ・スーッと特徴のある飛び方で待っていたチョウが、葉の上に翅を休めました。その飛び方から、コミスジであろうと見当をつけてすぐに駆け寄ってみると、やっぱりコミスジでした。
翅の表面は黒褐色で、白い斑紋が三筋ついていますが、コミスジは前翅の前縁にある線状の白斑の先端が尖った三角形をしているところですぐに分かります。
c0085622_2054138.jpg
翅の裏面は赤褐色の地色に、白斑が目立ちます。
コミスジは年に2~3回発生するとのことで、幼虫はマメ科植物を食草としているとのことでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-06-28 21:10 | チョウ・ガ
<< ヤマトシリアゲ ヒカゲチョウ >>