ヒカゲチョウ

c0085622_21341772.jpg
薄暗い林床にあったチヂミザサの上で、ヒカゲチョウが翅を休めました。
明るい日向には、モンシロチョウやアゲハチョウの仲間がたくさん飛び交っていますが、名前のとおり日陰を好むこのチョウは、シックな色合いですが、この時期の森の中に欠くことはできません。
c0085622_21342384.jpg
たまたま、小径に獣糞でも落ちていたのでしょうか。3羽のヒカゲチョウが集まっていました。
単独行動をすることがほとんどですから、このように集まっているところを観察することは珍しいと思います。
c0085622_21343340.jpg
あまり目立たない蝶ですが、後翅の目玉模様と淡褐色の配色は、じっくり見るととても調和が取れているように思います。
成虫は5~6月と、8~9月の年2回出現し、幼虫はアズマネザサなどを食草としているとのことです。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-06-27 22:00 | チョウ・ガ
<< 翅を休めるコミスジ セスジナミシャク >>