ミミガタテンナンショウ

c0085622_20513522.jpg
ミミガタテンナンショウという名前がついたサトイモ科の野草です。
マムシグサやウラシマソウなどと同じ仲間で、ミズバショウやザゼンソウも同じくサトイモ科になります。
c0085622_20514584.jpg
仏炎苞の基部が耳たぶのように張り出すことが特徴で、この名前がつけられたようですが、この写真の個体を見るとなるほどと頷ける名前です。
c0085622_20515376.jpg
真横から撮影したものですが、仏炎苞の内部には肉穂花序の上についている付属体が、顔を覗かせているのが分かります。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-04-09 21:02 | 山野草
<< ナガバノスミレサイシン 清楚なヒトリシズカ >>