ミヤマセセリ

c0085622_2015435.jpg
ギフチョウ観察に出掛けた山で出現を待っている間、ミヤマセセリがたくさん飛来して楽しませてくれました。
足元のタチツボスミレに止まって吸蜜するところを撮影できました。
c0085622_201486.jpg
この蝶もギフチョウと同じで、年1回だけ早春に出現するスプリングエフェメラルの一種となります。キブシの花に止まりました。
c0085622_2013920.jpg
胴体には、たくさんの毛が密生していますが、これもギフチョウと同じです。
まだ気温の低い時期に出現することから、体温維持のためにたくさんの毛を密生させているのが、スプリングエフェメラルの特徴なのでしょうか。
c0085622_2011776.jpg
この個体はミヤマセセリの♂になります。
♀は前翅の中央部に白っぽい斑が出ますから、はっきり識別できます。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-04-06 20:24 | チョウ・ガ
<< 春先のヒオドシチョウ カンアオイ >>