トラフシジミ

c0085622_21203254.jpg
あしだちの有志とともに出掛けた公園で、タチツボスミレを見つけて撮影しようとしゃがみ込んだところ、草むらの葉陰にかすかに動くシジミチョウを見つけました。
印象的な模様をしていますが、その時は名前も分かりませんでした。
c0085622_21204128.jpg
車に戻って図鑑を調べたところ、トラフシジミであることが分かりました。
暫くジッとしていましたから、皆で撮影することができましたが、最後まで観察していた人は、翅を広げた表面の青紫色が綺麗だったと言っていました。見逃してしまったことがとても残念です。
c0085622_21204873.jpg
尾状突起がハッキリと観察できます。特に、先端が白くなっているところがよく分かりますね。
c0085622_21205634.jpg
これは、トラフシジミの春型の♀です。幼虫の食草は、マメ科、ツツジ科、ユキノシタ科、クロウメモドキ科など多くの植物の花や実を食べ、蛹で越冬するとのことです。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-03-30 21:42 | チョウ・ガ
<< シュンランも花盛り 林床のキクザキイチゲ >>