セリバオウレン

c0085622_2095012.jpg
美味しいお蕎麦を食べた山間のお蕎麦屋さんの裏山にある谷筋を散策してみると、もう既にいくつかの山野草が可憐な姿を見せてくれました。
これも、スプリングエフェメラルの一つと言っても良いのでしょうか?
同行した先生から、セリバオウレンであると教えていただきました。
c0085622_209438.jpg
オウレンは、山地の林内に生える常緑の多年草で、葉がキクの葉に似ているようですが、この写真のようにセリの葉のように切れ込んでいるものがセリバオウレンなのだそうです。
c0085622_209577.jpg
セリバオウレンを見るのは初めてですが、雌雄異株だそうです。
花弁は8~10個ほどもあるとのことで、雌花の花弁は紫色を帯びているとのことですから、ここにあるのは全部雄花なのでしょうか。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-03-06 20:36
<< ザゼンソウも咲いていた 今が盛りのセツブンソウ >>