陽だまりのオオイヌノフグリ

c0085622_1927414.jpg
信州に帰省してきましたが、2月というのに一気にサクラの花が咲きそうなポカポカ陽気の一日でした。
陽だまりのあちらこちらに青藍色のオオイヌノフグリが咲き始めています。近づいてよく見ると、大きな雄しべが2つ見えます。
c0085622_1927474.jpg
二つの花が仲良く咲いています。花びらは4枚あるように見えますが、全部が一つに繋がっている合弁花です。左側の花のすぐ左側に見える葉は、ホトケノザであると思います。
c0085622_19275442.jpg
オオイヌノフグリは、明治時代に日本に帰化した外来種とのことですが、今ではどこでも普通に見られる春の野草です。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-02-15 19:53 | 山野草
<< アザミ?のロゼット 雑木林にスイセンの花 >>