マユミとゴマフリドクガ

c0085622_211943100.jpg
12月というのに、ポカポカ陽気でとても気持ちのよい一日でした。
公園の陽だまりにマユミの実がついていました。今の時期、このピンク色は遠くからでもとてもよく目立ちました。
c0085622_2119522.jpg
マユミの実に小さい毛虫がついていました。写真に撮って確認したところ、ゴマフリドクガの幼虫であることが分かりました。こんな時期に観察できるとは、幼虫で越冬するものでしょうか。
この幼虫の毛は有毒で、刺されると激しく痛み炎症を起こすようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-12-20 21:31 | チョウ・ガ
<< 年末に咲いていたロウバイ 12月のアメリカイヌホオズキ >>