クサギカメムシ

c0085622_2143547.jpg
少しヒンヤリする陽気で秋の気配にすっかり包まれた1日でした。
ふと見下ろした足下に、何やらうごめくものを見つけました。カメムシの仲間であることは直ぐに分かりましたが、名前は分からないままいつものように撮影して後から名前を調べることにしました。
c0085622_21434718.jpg
家に帰ってから調べてみると、どうやらクサギカメムシであることが分かりました。
体長は14~18㎜のカメムシの仲間で、成虫のまま越冬するとのことです。日本中に生息しているとのことですが、「屁こき虫」と呼ばれるくらい悪臭が強く嫌われています。
c0085622_2144099.jpg
普段は臭わないようですが、驚かせたり刺激を与えると臭いにおいを発するようです。
くだもの類の汁を吸うことから、害虫であるとされています。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-11-08 21:59 | 昆虫
<< アメリカイヌホオズキ 吸蜜するキタテハ >>